ここから本文です

久々の快晴。夜明けの色が濃いブルーになる。寒さも心地よい。

ここ10年、僕の仕事の過半を占めていた厚労省の事業が、この春にすべて満了する。課題も抱えている制度なので、繰り返すつもりは毛頭ないのだが、皮肉にもこれまでの地域系のプロジェクトを評価いただいて、さまざまなご相談がある。誠にありがたきこと。

ただ、事実上の個人事務所故に、すべてを受けるわけにはいかない。傲岸不遜に聞こえるのは辛いが、成果を出そうとするならどうしても条件はある。予算の質、もちろんボリューム。主体がどこか、期間はどれほどか。なにをめざし、なにを成果とし、どのような事業か。僕は、まずは発注に至る経緯背景が気になる。そしてなによりも、先方の覚悟。
昨年後半から、あちこちの自治体からご相談があった。それぞれ興味深い内容で、内定したものもある。また、それ以外にも大小のお声掛かけから、いくつかの案件は、すでにスタートを切っている。近頃は、僕が掲載された雑誌などをご覧になって、連絡をいただくケースも増えた。プロデュースのなんたるかをご理解いただいているのも嬉しい。感謝感謝。

生協のWEBLABOは、リニューアルの更なる仕上げへ。あれもこれも高密度だなあ。

本日は福島県庁のご来訪、雑誌記事をご覧いただいてお声がけいただいた。

仕事の紹介をした後は、懇親の食事でさまざまな意見交換を。熱が入る。

地元の名門の酒蔵。存在は知っていたが、こんなご縁に感謝したい。

商品も広報も空間も視野に入れたいつものプロデュース。ワクワクしてくる。

by 江副 直樹 2016-2-10 22:10 
EZOE naoki

田舎を拠点のプロデュース稼業。その日々仕事雑感、問わず語り。

by EZOE naoki